CAROZZI社 チーズ ゴルゴンゾーラ ピカンテ D.O.P 辛口タイプ イタリア産チーズ 約500g 【100g当たり432円(税込)で再計算】

販売価格 2,160円(税込)
型番 cheese2013gorugon1
購入数

 
 
『【100g当たり432円(税込)で再計算】 CAROZZI社 チーズ ゴルゴンゾーラ ピカンテ D.O.P 辛口タイプ イタリア産 約500g』

全乳(牛)が原料のやわらかいタイプの青かびのDOPチーズです。
全体での大きさは、作り方によって多少の差異はありますが、筒状の12kgもあるチーズです。

ゴルゴンゾーラ(伊:Gorgonzola)は、ロンバルディア州とピエモンテ州をまたがる地域で生産されているイタリアの代表的なチーズのひとつです。
フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと共に世界三大ブルーチーズに挙げられています。



虎ノ門タニーチャシェフのおススメ
 

このチーズは大きく二種類に別けられ、
青カビが多く辛味の強いものはピッカンテ (伊:辛い)クリーミーでほんのりとミルクの甘味の残っているものがドルチェ (伊:穏やか)と呼ばれています。
ピッカンテはそのままはもちろん、リゾットに入れたり、
ゴルゴンゾーラソースを作ってパスタにかけるなどお料理にもいろいろお使いいただけます。

ゴルゴンゾーラのクリームパスタのソースに。
仕上げにパルミジャーノレジャーノチーズををすりおろすと高級イタリアンのお味に!
ゴルゴンゾーラの青カビの風味を味わいたいときには、
そのまま一口大にカットしてお召し上がりいただくのもお勧めです。
甘口ワイン、赤ワインにピッタリ。

←北海道産真鱈の白子とゴルゴンゾーラチーズのココット仕立て。




CAROZZI社 について
 

D.O.P.(Denominazione Origine Protetta)
デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・プロテッタ
イタリアにおける原産地名称保護制度です。認定された産地の、
厳しく統制された原料、製造法などを守って作られた製品であることの証です。

◆世界三大青カビチーズのひとつゴルゴンゾーラチーズ◆
 チーズの元となる凝乳は、塩水につけられ、その後、数日間乾燥、
2〜3ヶ月かけてだんだん形が整ってくる工程で、青カビの成長を促し、
このチーズの特徴であるマーブル状のゴルゴンゾーラグリーンの層が美しく出来上がるように穴を空けられます。
凝乳が固まって、外側が淡い麦わら色に変わりしっかりとした青カビの層ができたら完成です。




◆こちらは不定貫商品になります

※不定貫商品につきグラム数が大きく前後する可能性がございます。
※432円(税込)/100g当たり再計算となりまして、入荷後に商品のお値段を変更し、ご請求致します。
※表示価格は500gちょうどの場合のお値段になります。

◆こちらの商品は、お品物取り寄せ後にグラム数及びお値段が確定するため、コンビニ前払い・銀行振込みでのお支払い方法はご選択頂けません。
クレジットカード払いまたは代金引換でのお支払い方法をご選択いただけますようお願い致します。




商品名ゴルゴンゾーラ ピカンテ(チーズ) D.O.P 約500g CAROZZI社 Gorgonzola
内容量約300g
原材料牛乳、食塩、(一部に乳成分を含む)
種別青カビ
乳種牛乳
生産地イタリア ロンバルディア州
賞味期限別途記載
保存方法冷蔵保存
メーカー名アドリアーノ キオメント
輸入者株式会社 カフォルムジャパン
東京都品川区二葉2-12-6
03-6426-2356
配送方法クール便

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


  • お中元・夏ギフトはこちら

Menu Category 商品カテゴリー

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:平日11:00〜18:00
お電話対応:平日11:00〜17:00

ヨーロッパ食材を取り扱う

業者様限定

イタリア屋タニーチャにヨーロッパ食材を
ご紹介くださる業者さんを募集します。
ご連絡お待ちしております

お問い合わせはコチラ

虎ノ門 タニーチャ

温もりを感じる空間で、ゆったりとした寛ぎのお時間を

「お客様がタニーチャの扉を開けてから、帰路につかれるその時までの幸せをおつくりする」をオープン当初からの
モットーとする、夫婦二人で営む小さなイタリアンレストランです。

ご接待や大人のデート、大切なご家族ご友人とのお食事に、ご常連様とそのご紹介のお客様であふれるお店です。
ゲストが、シェフとマダムの自宅に招かれたがごとく、おくつろぎいただきながら、
お食事とワインをお楽しみいただけるよう、心と技をつくしておもてなしさせていただきます。